ペニス増大は医学的に実現可能?

ペニス増大には様々な方法があり、その中の1つにペニスを手術する方法もあります。
手術をすれば直接的かつ素早くペニスを大きくさせることができるというイメージがありますが、
果たして手術でペニス増大は可能なのでしょうか。
もちろん、医学的にペニス増大は十分可能です。
しかし手術でのサイズアップを考えているのであれば、何度も定期的に手術を受ける必要がでてきます。
たとえばヒアルロン酸などを注入してサイズアップをするのであれば、ヒアルロン酸はいずれ体内へ吸収されて
元のサイズに戻ってしまうので再手術が必要になってくるのです。
それに、ペニスを触った感触に違和感を覚えることもあります。必ずしも理想通りの結果が得られるわけではないということです。
長茎手術の場合ですと、ペニスの靭帯を切った長さをのばす手法と靭帯を切らずにのばす手法があります。
ペニスは外に露出している部分と同じ長さだけ体内に埋まっているので、それを引っ張り出す手術ですね。
ただ、引っ張り出すといっても2センチ程度が限界だといわれています。もちろんリスクも伴うことが多く、
靭帯を切る手法だと執刀医の技術力によっては勃起に支障が出たり傷跡が残ることもあります。
以上のように、手術によるペニス増大は医学的に認められているものの、効果の出る出ないは千差万別だということです。
もちろん手術が悪いというわけではないですが、十分リスクを考慮する必要があるでしょう。