ペニスと血流の関係性

ペニスを増大させるためには、血流の促進や改善が必要不可欠だと考えられています。
では、どうしてペニスと血流が密接に関係しているのでしょうか。それを説明していきましょう。
まず、海綿体には陰茎海綿体と尿道海綿体が存在しています。
勃起した時、このふたつの海綿体にたくさんの血液が流れ込んでいくため、ペニスが風船のように膨らんだ状態になるのです。
この時最大まで海綿体が膨らみ、その後勃起状態でなくなったあとペニスに流れ込んでいた血液は徐々に体内へと戻っていきますが、
血液が流れ込んだ影響によって海綿体の膨張率が少しアップした状態になっています。
ということはつまり、次に勃起した時、より多くの血液が流れ込めるスペースが生まれたということです。
端的にいえば、勃起を繰り返せば繰り返すほどペニス増大に繋がるのです。
AV男優のペニスが人よりも大きいのは、それだけ勃起する機会が普通の男性よりも多いからだ、とも言われています。
海綿体へより多くの血液を流し込むためには、シトルリン・アルギニンといった血行促進成分をふんだんに
取り入れていく必要があります。
取り入れたからといってすぐに血液が流れ込んでくれるということではありませんが、徐々に血管が拡げられていき、
実際勃起したペニスの硬さに違いが表れてくるはずです。
ただし、せっかくこれらの栄養素で血流をスムーズにさせていても、過度に喫煙をしていたり極端な運動不足が続いていると
効果が半減してしまいます。
もし本気でペニス増大を望んでいるのであれば、このような血流を悪くさせる行動は控えるようにすべきでしょう。
また、体温が普段から低いと血流の流れも悪くなるので、身体を動かして体温を常に上げる意識を持つとよいでしょう。